検討設計課

佐藤 悌治TEIJI SATO

会社の成長が、
自身の成長へと繋がっている。

検討設計課

佐藤 悌治TEIJI SATO

会社の成長が、
自身の成長へと繋がっている。

自社の検討設計課で働ける環境に魅力を感じた。

昔から機械に携わりたいという思いがあり、工業系の高校に通っていました。高校卒業後に木工機械を作る会社で3年ほど働き、その後父親が経営する設計会社へ転職し、機械加工に関する図面作成の仕事を経験しました。設計という仕事が非常に楽しく、自分に合っていると思ったのはこの時です。
しかし、リーマンショックが原因で新たに仕事先を探さなければいけない状況になってしまった。機械設計の仕事を中心に探す中で、ソニックシステムの存在を知りました。当時、派遣ではなく自社の検討設計課で働ける環境は珍しく、魅力的に思い入社を決意しました。

成長を皆で実感できる。

人の距離の近さが、当社の大きな魅力の一つだと思います。中でも、社長のもとで一緒に仕事ができるのは当社ならではだと思います。社長のモチベーションと行動力が突出していて、私たち社員もそれに続こうと必死になれる。
言われたことをただこなすだけでなく、どうすればもっと良くなるか、なにか自分にできることはないかを常に考える雰囲気が会社全体に浸透しています。私自身もこの会社に入って以降、会社の成長と自分の成長を常に意識して仕事と向き合うようになりました。

新たな領域へのチャレンジ。

構造設計の前には初期検討といった段階を踏む必要があるのですが、当社にとって初期検討は事業の領域外でした。しかし、「初期検討→構造設計」といった一連の設計業務を担えるようになれば、もっと規模の大きい仕事へ繋げることが出来る。
会社の成長はもちろんのこと、私自身の仕事の幅が広がるチャンスだと捉え自らが主導となってチャレンジしました。結果、今では会社の大きな強みの1つになっています。年齢に関係なく前向きな意欲を買ってもらえる。当社はモチベーションを高く保つことができる環境だと思います。

INTERVIEW

PLAY INTERVIEW